プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
♪あなたとLOVE LOVE Fall in Love~
ども,Masterです.
今日はいきなり寝坊…二度寝しちったよ~(^^;
そのせいで調子狂っちゃってしくりまくる午前中
でも例によってなぜか豪華に振舞われる仕出し弁当で上機嫌…今日は海老チリだぁ(←海老LOVE)

そして午後もドクターの先輩と実験しようとしてると企業の人から「今日台風で会社早く閉めることになる」という話が
まぁ社員さんが帰れなくなったりしたらまずいからしょうがないかぁ
でも「明日また来てくれても良いよ」と言ってくれました
この時
私:「じゃあ(チェックアウトしちゃってますし)ホテルに今夜泊まれるかどうか聞いときましょうか?」
ドクター:「いや、会社がしまる正確な時間が分かってからでいいでしょう」
その後,大学にいる助手&助教授と相談してもう1泊が決定するのですが私はすっかりホテルに問い合わせるの忘れてます
この事が後々響いてくることには私はまだ気づきもしてませんでした…

さて会社が17時に閉まってしまったので泊まっていたホテルに行ってみたんですが満室…
じゃあとりあえず先にJR行って帰りのチケットを変更してもらいに行こうと最寄り駅に行ったら

駅員さん:「今もう小倉から東京まで運転見合わせだからねぇ~」

もうそんなにひどいことになってるんですか Σ( ̄□ ̄;
とりあえず今日どっか泊まる所を探さなきゃいけないんで駅員さんに聞いてみるもこの界隈ではさっき断られた所以外にビジネスホテルはない模様
(うわ,どないしよ~)っということでケータイで色々ホテル探してみるもののやっぱり何処も満室で泊まれそうにありません
PCでネットできればもうちょっと何とかなるかなと思って研究室に電話をかけてみると…

なかなか出ないなぁ…あ,出た!
電話に出たのは私と同じく助手下の後輩の某君.
話を聞いてみると彼以外はみんな帰っちゃったようで(そのころ大学のある地域に台風が近づいてたんで当然っちゃ当然なんですが)…良くぞ残っててくれた,某君!

そこで彼に頼んでどっか泊まれそうなところを探してもらいながら我々は繁華街方向を目指して新横浜に移動
しかしやっぱり台風で新幹線が止まった影響は強いらしく某君の情報を参考に探してみるもどこも満室で全然泊まれません
(ひょっとしてこういう状況下でも泊まれそうなところって…)と嫌なオチが頭を過りますがとりあえず思いつかなかったことにしてさらにホテルを探します

そして雨の中あちこち歩き回って,ドクターの先輩があるホテルの前で立ち止まります.

先輩:「ここ行ってみましょう」

あの,私の直感では物凄~く嫌な予感がしてるんですが(--;
っていうかあの看板って…私の知識が正しければさっき予想した通りのオチが待ってるはずなんですケド
でっかく『休憩:XX円,宿泊:XX円,XX:00~XX:00までサービスタイム』って看板がついてるって…ねぇ(汗)
(「えっ,どういう事?」って質問は禁止です)

先輩:「早く入りましょうよ~」

熱心に私をせきたてる先輩(♂)と(え~,でも…)と躊躇して動きたがらない私…
実際に起きた出来事をそのままに書いてるだけなのにどうしてこうも狙ったようなネタ的展開になるんでしょうか(泣笑)
…っていうか先輩はわかっててやってるんでしょうかね?
文化背景が違うだけに判らずに言ってる様な気もするのでツッコんで良いのか判断に困ります

しぶしぶ中に入るとまた怪しげななんちゃってステンドグラス
予想通りの雰囲気に私のテンションはますます下がります
そして…

先輩:「いろんな部屋がありますね~」

予想通りにランプが付いてる空室のボタンを押して直接顔が見えないようになってるフロントで鍵を受け取ることになりました orz

そしてエレベーターに乗ってから先輩が一言.

先輩:「なんかアヤシそうなところですねぇ」

…もっと早く気づいてください orz

…まぁ1人1部屋でちゃんと泊まれましたし,(「そういう組み合わせはちょっと…」とか断られたりするんじゃないかと思ってたんですが…とりあえず薔薇に見られなかったのは良かったか)
内装も比較的普通のホテルっぽくて照明が赤だったりベッドが回ったり浴室がガラス張りだったりじゃなかったのが不幸中の幸いでしょうか(物凄く苦笑)
(念のため,「えっ,どういう意味?」って質問は禁止です)

まさか研究室の出張で生まれて初めて…するとは思いませんでしたよ(爆)
とりあえず宿探しを手伝ってもらってた後輩君に電話して「結局ランプが付いてる空室のボタンを押して入ってきた」と話したら「あぁ…判ります(←残念そうな声で)」
まぁそりゃ…ねぇ

で結局夜中に・・・の一室で実験レポート書いてました(--;

今回のタイトルはdeepsの「ロマンス」
この曲の歌詞の中にヒントがあるんでどうしてもネタが判らない人は検索してください
スポンサーサイト


研究室日誌 | 【2004-10-20(Wed) 10:54:26】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。