プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
toolを使うんだ!
ども,Masterです.

◇◆◇◆◇昨日の研究室◇◆◇◆◇
以前の日記でも書いたようにうちの研究室の実験室には排水用の溝が切ってあって,実験装置を通じている冷却水を排水しています.

昨日助手の先生と一緒に実験をしていてふと床を見ると…
うわぁっ!溝から水がいっぱい溢れてるよぉっ!!
うちの実験室にはアーク溶接機や電気炉など高圧電流を使う装置が山ほどあるんで床が水浸しになると非常に危険です
とりあえずこの状態を何とかしなきゃ!と助手と手が空いてる面々を緊急招集

一体なんで?と思いきや溝から外へと流れていく途中でどっかが詰まっていて上手く排水されず,また雨が降っていたため雨水が溜り逆流が起こった模様…
学生だけでは手に負えない!というわけで専門業者さんを発注,実験装置を動かしたり外の排水路の蓋を開けたりと問題箇所を探します
ようやく問題箇所を見つけてみるとそこは実験室の溝から実験棟の外にある溝へと繋がる排水パイプ…これどうやって詰まりを直すかなぁ(^^;

助手(@実験室内):実験室にあるラバーカップでいけるんとちゃうかな?
というわけでラバーカップを持って外で作業していた学生に「これじゃ直せないかな?」と言ってみると
学生(@実験室外):いやぁ,パイプの向き(溝とは垂直に繋がっていて,先が少し出っ張っている)的にそんなんじゃ無理でしょ」

…仕方なくスゴスゴとラバーカップを持って帰る私
そうこうして実験室の外に戻ってくるといつの間にか助手も外に出てきていて,問題箇所を見て曰く
助手(@実験室外):これラバーカップで直るんちゃうの?ちょっとラバーカップ持ってきて

さっき持って帰ったばっかだよ~(--;と思いながら再びラバーカップを持ってくる私
そして助手が半ば力業でラバーカップを押し付けて放すとブクブク・ブクブク…あっ,少し良くなったかも

「どうよ,これ!」と助手が得意そうになっているとそれを見た業者さん曰く
業者:あ~,下手にやると詰まってるものが奥へ奥へと入ってっちゃうんであんましやらない方が良いですよ~
「あっ,そうですか…」と恐縮する助手
まぁまぁ,多少なりとも良くなったんだから良いじゃないですか(^^;
しかし先生,「うちでこういうのよくやってるからねぇ」って…家庭ではいいパパさんしてるんですね(笑)

ちなみにとりあえず無事に水溢れによる漏電事故だけは無事に回避できました
スポンサーサイト


研究室日誌 | 【2004-11-12(Fri) 04:00:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。