プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
アニメ版レイトンも良かった
※白文字部分はおもいっきり映画の核心をネタばれしてるので要注意

Prof. Layton and the eternal diva ---

忙しくて見に行けてなかったレイトン教授の映画を見てきました
実は「不思議な町」しかプレイしてなかったんですがすごく面白かった

原作の「イギリスのレトロな雰囲気溢れる中でさりげなくSF顔負けのオーバーテクノロジーが出てきたりする」のが良く出ていたし,ゲームではテンポ上あまりそぐわないアクションシーンとかもあって面白かったです
しかしレイトン完璧超人過ぎる(笑)
有り合わせのもので飛行機械作るわピアノ弾ける
レイトンとデスコールの殺陣のシーンとか「考古学者と科学者で何やってんだ(爆)」という
いや、面白かったけども(笑)

ストーリーも丁寧に判りやすい伏線が張られてて
・作曲家が死者であるミリーナの父=裏テーマは死者復活、レイトンだからホラーやミステリにありありがちなグロ展開はないよね
・レミが捜査してた人物ニナが「記憶力の優れた少女」→=幼ミリーナ(偽)でほぼ確定。
 ジェニスとの過去話は全部覚えさせられた知識
・レイトンと再開したニナの「別人格が現れたかのような反応」=洗脳(記憶移植?)オチで確定。
・記憶移植装置を止めたのはストーリー展開的にミリーナだけど…

までは判ったけど
・実はジェニスとミリーナが意識を共有してた
オチとは気づかなかったよ・・・
レイトンが手を差し出したときに一瞬間があってまるで何かを悟ったかのように手を出したのは「レイトンがジェニス=ミリーナと気づいて、彼女の目的に協力する」ことに気づいたって伏線だったのか
なんか変に間があってテンポ悪いなぁと思ってたんだOTL


こう「肉を切らせて骨を断つ、でもフェアプレイ」的な匙加減は大好きです

ナゾトキもゲームと似たような感じの問題で、しっかり考える時間や伏線も用意されてて面白かったし
(ナゾ002は劇場についたときのシーンを良く見ていれば王冠に見えることは一目瞭然だし,ナゾ005はレイトンの見る紋章が逆さまになっているシーンからある程度想像はつく…ってかクラシック詳しい人なら楽譜逆にして演奏できる曲ネタは知ってるよね)

水樹奈々さんの歌も巧くて良かった
某リリカルな魔法少女アニメで有名な声優さんで、今年の紅白出る人ぐらいしか知らなかったけどそりゃ準主役級の役になるはずだわ

これを期にまたレイトンシリーズ買ってきて続きやろう
時間旅行とか泣けるらしいけどまず悪魔の箱からだ(苦笑)
スポンサーサイト


映画 | 【2009-12-28(Mon) 16:12:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。