プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
異議あり!!
買っちゃいました、逆転検事

御剣検事を主人公にしたスピンオフ版ということで
・逆転裁判から法廷パートが削られただけってオチじゃないんだろうか? とか
・体験版では御剣の操作性イマイチだったけど製品版では大丈夫なんだろうなぁ? とか
一抹の不安があったんですが、第1話をプレイしたかぎりではなかなかでした

Q:逆転裁判から法廷パートが削られただけじゃないの?

・新システムその1:「ロジック」
 御剣の推理方法を再現したというロジックシステム。
推理ADVゲームではしばしば見かける「キーワードを組み合わせる」方法なのでこの手のゲームが好きな人なら直感で操作できるはず。
第1話だから取っ掛かり易く作ってあるんでしょうが、ロジックを起動すべきタイミングは御剣が教えてくれるし、どれとどれを繋げばよいかはストーリー展開で想像がつくのでそれほど苦は感じませんでした。
欲を言えば証拠品群とロジックの取っ掛かり群とそれぞれ把握しなきゃいけないのがちょっとまどろっこしいかな

・新システムその2:現場の状況に「つきつける」
 体験版では出てきませんでしたが、逆転検事では現場の状況を指して、それに矛盾する証拠を提示し「推理」コマンドを使用すると御剣が推理を始めます。
今作の「総当りだけでは解けないようにするための仕掛け」、な訳ですが個人的にはこれが新しくて面白かったです。

・”追求パート”の登場
 逆転裁判2・3・(4の一部の事件)に出てきたサイコロック解錠モードみたいなものを想像してたんですが、見事にまんま法廷パートの尋問でした(笑)
普通にゆさぶる・つきつけるでストーリーが進んでいきます
ただ追求パートのBGM、お洒落なんだけど逆転裁判みたいなアツさが足りない、と思う

Q.御剣の操作性は大丈夫?

体験版で操作しづらくてタッチペンで楽になるのかなぁ…と思ってたんですが
結論:十字キーで操作に慣れるのが一番だと思います
結局調べたいものの真ん前に立たないと「調べる/話す」ボタンが登場しないので、御剣の立ち位置を微調整せざるを得ないためタッチペンより十字キー操作の方が使いやすかったです。
(それでも体験版よりは扱いやすくなった印象)
逆転裁判シリーズは全てカーソルorタッチで直接指すだけだったんで若干扱いづらくなったかな

↓第1話のネタばれ感想は以下


第1話『逆転の来訪者』

第1話だけに簡単でした(笑)
0号事件のファイルが1冊なくなっていたあたりで、
「ダイイングメッセージの上書き(例えば「コメ」を「ユメ」に書き換える、みたいな)をするのに邪魔な部分を持ち去った?」
と思ったらユウキがイトノコギリにならなくて「???」
優木検事が鍵を忘れて開けてもらった、って証言で部屋誤認トリック!とひらめいた後はサクサクと
謎の「2人目の侵入者」がいたというオチはイマイチしっくり来ませんが今後の「引き」ということで次の話に期待

ネタ的にも
・検事・オブ・ザ・イヤーの盾(逆裁1-5:蘇る逆転)
・若い頃の御剣の正装(逆裁3-4)
・須々木マコ(逆裁2-1、逆裁3-3)
・亜内武文(逆裁1-1、2-1、3-1、4-1)
とシリーズお馴染みのキャラやモチーフも盛りだくさん
亜内検事が御剣検事の記憶からきれいに抹消されてるどころか吹き出しもただの「ケンジ(検事)」二格下げされてて爆笑
しかし亜内の髪型が逆裁1~3準拠と言うことは逆裁4より前の世界なんだろうな
スポンサーサイト
逆転検事 | 【2009-05-29(Fri) 00:22:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。