プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
失敗は成功のもと?
…と暗いネタで終わったら流石に後味悪いんでいつも通りのテンションのネタを(^^;

◇◆◇◆◇本日の研究室・Part2◇◆◇◆◇
最近ツイてないのは何も私だけに限ったことじゃないようで…(^^;
うちの研究室の助手の先生,今学部4年生の研究を手伝って一緒に実験していて今日は金属腐食用の酸性の溶液を作ろうとしています

(その1)
助手:「え~と,10mlのメスシリンダーは…っと」
といいながら実験室の棚を漁る先生.ようやく見つけて引っ張り出そうとした時…

助手:「あっ!!」
…ガッチャーン!

すぐ傍に置いてあった50mlのメスシリンダーが割れました(-人-)

助手:「ごめ~ん,俺が割っちゃいました.誰か注文しといて~」

(その2)
とりあえず見つけた10mlのメスシリンダーで混ぜる薬品を量ってあとは混ぜるだけまでこぎつけた先生.
この調合,反応性が高い薬品を混ぜ合わせるのでかなりの熱を発します
なので氷水にビーカーをつけてその中で調合すべく,実験室に転がっていた金属製の鍋を持ってきて氷水を入れたんですが…

それを見た学生A:「先生その鍋,底に罅割れが入っちゃってて使えないやつです!」
助手:「えっ!?」


徐に鍋を持ち上げる先生…机が水でびしょ濡れになってました(-人-)

(その3)
今度こそ底が罅割れてない鍋を持ってきた先生,私が作業してる後ろで調合を始めました.

それを見た学生A:「薬品調合するんだったらドラフトチャンバー(注)の中でやった方が良いんじゃないですか?」

注:揮発性のある化学薬品の調合をする時に使う,排気装置のついた箱型の装置

助手A:「いや,そうなんやけどね….(実験室の機材の配置を)俺が考えたのにアレなんやけど配管の都合上チャンバーの周りが狭くなってしまって俺の体型では入られへんのよ」
と苦笑する先生
…まぁ,納得できなくはないですが(苦笑)

そして私の後ろで調合を続ける先生,すると…

ボコッ!

(えっ,ボコッ!?)と振り向く私

”#$%&’()=~|{}_?*‘@;l><!!!
な,何?目がショボショボ,喉は灼けつくし…咄嗟に実験室から全力で脱走,研究室に避難する私

どうも調合中の薬品が突沸し(←「ボコッ」の音のもと)周囲に酸性の蒸気が広がりその直撃を喰らった模様
そしてとりあえず助教授の部屋(実験室の隣)に「すいません,かくかくしかじかで…」と事故(?)の報告をしに行った助手が帰ってきて曰く…

助手:「『その為にドラフトチャンバー買うたんちゃうんか』って怒られた…」

…そりゃ,ねぇ(-人-)
スポンサーサイト


研究室日誌 | 【2004-11-19(Fri) 04:01:49】 | Trackback:(1) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ども,Masterです.◇◆◇◆◇本日の研究室◇◆◇◆◇今日は研究室は研究会(研究の中間発表).(その1)教授が後輩のテーマについてディスカッションしてましたそして後輩が使ってる薬品の組み合わせを聞いて教授:「その組み合わせは失敗すると爆発するから気ィつけなあか
【2005-01-22 Sat 13:00:28】 | Memoria―Masterの日記帳 II
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。