プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
Tribute to the wind orchestra
※この記事は日本で書き溜めていた分を更新したものです
上海で売ってるのを見かけたって意味じゃないので、念のため(汗)

今年も出ましたNew Sounds in Brass 2007
CDショップで見つけてついつい衝動買いしちゃいましたよ~

…という訳で今日はNSB2007レビューをお送りします
(需要があるのかどうか謎ですが)

*なお,このレビューは基本的に私が耳で聞いた内容のみを参照して書いています
 なのでひょっとしたら単なる旋律をソロと勘違いしてたり,その逆があったりとかするかもしれませんがその時はご容赦を
 2年前の記事のテンプレ流用してることには気づかないでください(爆)




#1 クラシック・カンタービレ
 〔ラプソディ・イン・ブルー~交響曲第7番第1楽章~
  オーボエ協奏曲K.314~交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」~
  ピアノソナタ第8番「悲愴」第2楽章~ピアノ協奏曲第2番第3楽章〕

 えぇ、「のだめカンタービレ」の便乗企画です(爆)
 基本的には殆どラプソディ・イン・ブルーでところどころクラシックの別の曲のフレーズが見え隠れ…という展開
 最初ボーっと聞いててモーツァルトのオーボエ協奏曲しか気づかなかったよ(汗)
 そういえばNSBでOb soloって結構珍しいですね

 個人的にはティル・オイレンシュピーゲルがHrnの旋律でなかったんで消化不良…どこがティルなのか結構悩んだよ(T_T)


#2 ロッキーのテーマ
 〔ロッキーのファンファーレ~ロッキーのテーマ〕

 祝ザ・ファイナル公開というわけでロッキーのテーマです
 そういえばこの曲まだNSB入ってなかったなぁ
 エリック宮城さんが参加されているので本編はトランペットの独壇場…ソロTrp.ムチャクチャカッコイイよ!(ケド高いなこの旋律…Aまで出てるしEの音は6小節ものロングトーンだし)
 かといって他のホーンセクションがおいしくないかというとそうでもなくホルンはイントロ(ロッキーのファンファーレ)旋律とグリッサンド要員(爆)で活躍しています。

#3 トゥモロー(バンドとコーラスのための)

 コーラスのためのと言いつつ前半ソロボーカルじゃないか(爆)
 個人的にはボーカルが完全においしいとこ持ってっちゃってカラオケのバックバンド化しちゃってる気が拭えないんですが
 岡本真夜のヒット曲じゃなくてミュージカル「Annie」で使われている方ですのでお間違いなく


#4 ディズニー・クラシックス・レビュー
 〔ハイ・ホー~口笛吹いて働こう~星に願いを~ハイ・デイドゥル・ディー・ディー〕

 ある意味何度目だという気がしないでもないですがディズニーの古典的な名曲をジャズ風にアレンジしたメドレー…なんですが^^;
 いきなり冒頭から『部活の個人練みたくめいめいが勝手に吹いてる→指揮者(ミッキーって設定らしい)がタクトで譜面台叩く→ドラムカウントで曲が始まる』ってまさか楽譜にそんな指定書いてるんでしょうか^^;
ハイ・ホー序盤の旋律も私にはマウスピースだけで吹いているように聞こえるんですが…これ楽譜どうなってるか見てみたいなぁ


#5 アメリカン・グラフィティXVII
 〔子供じゃないの~家へおいでよ~ミスター・ロンリー~恋はリズムにのせて〕

 かろうじてミスター・ロンリーは「あぁ、聞いたことある」なんですが後の曲は全然聞いたことがありません
 製作サイドでもリアルタイムで曲知ってる人いなくなってきたって話ですがそりゃあねぇ…
日本でカヴァーしたのが弘田三枝子と江利チエミって10代20代置いてきぼりになってるから
例によってSax.,Trp.,Tbn.ソロが出てきますが個人的にはミスター・ロンリーのTenor Sax soloが甘い旋律で聞いててお気に入り


#6 ファッシネーション~魅惑のワルツ

 オードリー・ヘップバーンの映画『昼下がりの情事』の主題歌
 クラシカル~ボサノバ・アレンジ~クラシカルに戻る…ってNSB版『ムーン・リバー』っぽいなぁ(あれもヘップバーンの映画の主題歌だけど)
 『ムーン・リバー』ではpiccoloソロでしたが今回のアレンジ部では主にホーンセクションが活躍します
 Sax.やTrp.ソロの他Trp.のフェイク(古畑任三郎のテーマみたいな…って例えが貧困だ)にHrn.のグリッサンド(苦笑)
 いや、前半で旋律やってますけどね


#7 キエン・セラ

 今回のラテン・ナンバー。ルンバ調の編曲ということですがPercussionsの16ビートが利いてて個人的にはサンバのステップがよく合いそうな気がします。
 
 個人的にはラテン・ナンバーというとハイトーンでガシガシってイメージがあるんですが結構大人しめ(いやHrn.とかTrp.とか高いフレーズはあるんですけどね)でカッコイイなぁ,と

 
#8 やさしく歌って

 原題は"Killing Me Softly With His Song"…邦題じゃ何の曲か判らないよ(苦笑)
 ジャズアレンジ(ルパン三世のテーマのソロ部分にありそうな感じ)で原曲とはちょっと雰囲気違いますがCMで有名な曲ですしおしゃれな出来なので演奏会のポップスステージでよく映えるんじゃないでしょうか


#9 ジャパニーズ・グラフィティXII
 〔銀河鉄道999<TV版>~宇宙戦艦ヤマト~The Galaxy Express 999〕

 今回は松本零士特集…著作権の問題大丈夫でしょうね?(笑)
 宇宙戦艦ヤマトでアコースティックに入りだすんで『えっ、そんな~』と焦ったんですがちゃんとスネアドラムが鳴り出して軍楽調ないつものイントロになって一安心
 TV版999ではそんなに気にならなかったんですがヤマトと映画版999では旋律が木管で合いの手が金管だったりでちょっと合いの手が大きすぎるかな?
 (個人的にはヤマトの合いの手パート好きだから許せるけど)


#10 蘇州夜曲(バンドとコーラスのための)

 第二次大戦下の歌謡曲ですが私もなんとなくどっかで聴いた記憶があるぐらい有名な曲です
 (平原綾香がカヴァーしてるらしいんでそれを聴いたのかな?)
 同じコーラス付きでもこちらは前半がバンドで後半がコーラス付きになるのでどちらの良さも出せていいと思います。
 惜しむらくは曲調的にアンコールの最後の曲っぽい雰囲気が^^;
スポンサーサイト


吹奏楽 | 【2007-06-18(Mon) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。