プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
雲散霧消する推理
◇◆◇◆◇ 金田一少年の事件簿 並行推理 ◇◆◇◆◇

『雪霊伝説殺人事件―#6』

(ネタばれにつき白文字)
今回でとりあえず堂崎兄弟犯人説が消えました。
前回の顔に凍傷らしき傷を負った黒沼弁護士と合わせて入れ替わり系のネタである可能性は完全に消えたと見ていいでしょう
(今回高遠は絡んでないようですし)

あと,第5話ではじめが気にしていた「言動」も偽の解決の伏線として消化されてしまったことにも注意が必要です
(以外に相島犯人説もアリかな…?)

今回のもう1つの進展はミッシングリンクの解明
神城唯夏が死亡時に薄着だったということと,登山部の男女&双子(らしい)兄弟が助かったこと
それに堂崎兄のモノローグから推測するに,今回の被害者達は遭難した時に出会った神城嬢の雪山用装備を奪って生き延びたと予想されます。おそらく今回の事件の動機はその復讐,犯人は彼女の近親者および友人・恋人でしょうね

比良木がはじめの台詞に驚いた反応を示してますが…
犯人だとしたら余りに露骨な描写だし,いつもみたく
『比良木は実は神城嬢の父親だけど,堂崎兄弟たちが娘の仇とは知らなかった』って展開なんじゃないかなぁ、と

だとすると犯人は実は親友とかで月枝か恋愛関係で相島か…
実は黒沼弁護士は神城嬢の恋人で遭難した彼女を助けようとして凍傷を負ってしまった、だとか
もはや妄想でしかありませんが(爆)
スポンサーサイト


金田一少年 | 【2007-02-23(Fri) 00:08:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。