プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
動転の時間移動
◇◆◇◆◇ケータイ刑事銭形零レビュー◇◆◇◆◇

2nd第9話・第10話『ケータイ刑事百回記念特別企画 ウマと呼ばれた男!~織田信長殺人事件』

(ネタバレ注意)
今までも時空を越えるネタは何度かありましたが今度はメタ空間じゃなくて時代を超えるネタですか(苦笑)
しかし時代を超えて前後編,といっても壮大な歴史ミステリになるわけもなくいつもの銭形テンションでゆるゆると続くわけですが(^^;

前編は織田信長殺害未遂事件
注ぎ方を変えて毒と無毒を変えるってのはよくあるネタですし零が分かりやすく違和感を感じてるんで分かりやすかったんじゃないでしょうか

後編は犯人は誰かがキー
…なんでしょうがねねの台詞があまりにもあからさまなんでちょっとなんだかなぁ
コンタクトってのがバレバレなあたりもうちょっと何とかならなかったかなぁ,と
でも何で強盗犯が変装巧いのよ(--;という問題もたまたま他人の空似だった秀吉にずっと成りすましてただけ,という比較的まだ現実的なオチに設定されてたあたりは納得
信長・光秀・家康の芝居もまぁそうだろうなぁとは思ったけどサスペンスな展開でよかったんじゃないでしょうか

ケータイを羨ましがる信長,信長は新し物好きだったって説もあるし本当に見せたら欲しがったかもね
スポンサーサイト


ケータイ刑事 | 【2006-03-21(Tue) 22:31:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。