プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ケータイ刑事VSご当地刑事
ども,Masterです
ケータイを白のSO505iから赤のF901iSに変えました
…別に銭形舞(堀北真希)嬢の真似をしたわけじゃないんですが(^^;

◇◆◇◆◇ケータイ刑事銭形零レビュー◇◆◇◆◇

2nd第6話『富豪刑事もビックリ!勝手にコラボレーション~刑事祭り殺人事件』

(ネタばれ注意)
第6話は当時テレ朝で放送されてた『富豪刑事』をネタにしてるわけですが…勝手にコラボレートってそれはパク…オマージュって言うんじゃないかと(汗)
ドラマ『富豪刑事』自体原作の「金持ちで私財を捜査に投入する刑事」って設定と事件プロットを元に多くを創作してるから権利関係よく分からないけどドラマでは鎌倉警部は焼畑署の警部(ケー刑事では警視庁の警部)なんでOKだったのかな?

そして日本各地から集められた名物刑事…ってネタばっかやなぁ
なんかこち亀でありそうな展開です(苦笑)
でもって事件が起きたら忘れられてる西表山猫刑事(爆)

今回トリック的には霊媒師の証言ネタ
個人的には逆転裁判シリーズのネタを思い出します

逆裁2第2話では…
「霊媒中に自分が殺したかも」と悩む真宵が「霊媒中夢を見た」と証言していたけれどあとで姉の千尋に聞くと「倉院流霊媒師は霊媒中は意識を失って夢を見ない」→真宵は霊媒するまえに眠らされたんだ!という些か後出し感のある展開

一方,1の第4話では
舞子の霊媒は真実だったが呼び出された御剣信の証言が嘘(何故嘘をついたかは詳しく描写されてないので錯誤による不可避的な嘘なのか単に息子を庇おうとしただけかは不明ですが)だったため霊媒が嘘だと断言されるという展開

このように超自然的な現象を絡めてしまうとどう論理展開するかが難しいんですが今回は
「霊媒が真実であったとしても被害者である死んだなまはげ刑事に犯人を見ることが出来なかったのだから結果的に証言は嘘だ」と言う展開
霊媒の真偽が証明できないって点は否めないですが,ミステリ的に必要な点では一般常識の尺度でぶった斬れる論理で技が光ります

こういうところをちゃんと考えてくれてる脚本だとミステリファン的には嬉しいところです
スポンサーサイト


ケータイ刑事 | 【2006-02-21(Tue) 01:23:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。