プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
Moving Castle Wasn't Exist
◇◆◇◆◇ケータイ刑事銭形零レビュー◇◆◇◆◇

1st第6話『百年に一度の瞬間移動~ハロウィンの動く城殺人事件』

(ネタバレ注意)
今回は『ハウルの動く城』+『ハロウィン』と言うネタ
…な割に赤ずきん零が読んでる本の装丁はどう見ても「ハリー・ポッター」なのは何故?

それはさておき今回暴くべきは『家の瞬間移動』と『暗闇での刺殺トリック』
瞬間移動トリックは結構簡単に思いつくネタでしたけど眼帯で「暗順応ネタか?」と思わせておいてものもらいだったとひっくり返してて個人的には高評価なシナリオでした
「消えた方の照明を辿っていくうちに暗闇に慣れた」ってのも全て知ってる犯人なら暗くても大体ケーブルの位置判りますしね

ただ惜しむらくは遠州里津(パイ屋)の伏線が微妙にズレてる気が…
確かに何故地震が起こったかは重要だけどダムの存在は他のところで匂わせて『照明が2組あった』の方を示唆したほうが良かったんじゃ?
スポンサーサイト


ケータイ刑事 | 【2005-11-03(Thu) 12:19:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。