プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
閣下になった…Joseph Goebbels!?
◇◆◇◆◇シベリア超特急刑事レビュー◇◆◇◆◇

『第三帝国からの挑戦状~アドルフ・ヒトラーを迎撃せよ!』

(ネタバレ注意)
シベ超コラボシリーズ第2弾…しっかしシベ超シリーズは相棒刑事がいない(鑑識・柴田が相棒役)分イマイチ押しが弱いなぁ

まぁそれはそれとして第2弾のテーマはナチス総統アドルフ・ヒトラー
しかし堂々と明るいBGMの下で鉤十字(ハーケンクロイツ)映してるけど不謹慎だってクレームなかったんでしょうか(^^;
日本だからOKなのかね(汗)

今回ドイツ語がドイツっぽいもの並べただけだし「(霊が体に)入る・ヒットラー!」に「ヒトラーをひっとらーえる」とかしょーもないギャグの応酬…なのにトリックは真剣なんだよなぁ

消えた銃弾ネタで,医学的には豚の骨片で作れば組織似てるから見つからないけど…と思ってたら本当にそのトリックだったよ(^^;
まさかケー刑事で医学的に正しいトリックが出てくるとは(←失礼です)

そんなマニアック好みのネタを頭に持ってきといて第2の殺人が思いっきりベタベタに氷トリックだったのがちょっぴし残念だけど(^^;
スポンサーサイト


ケータイ刑事 | 【2005-07-31(Sun) 22:49:39】 | Trackback:(1) | Comments:(1)
コメント
こんにちは、こちらこそコメントが遅くなってスミマセン;

やっぱり、相棒刑事がいないとどうしても寂しいですよねぇ。
僕はあの二人の絶妙なやり取りが作品の魅力の半分を担っていたとさえ思っていたので…(^_^;

でもこのヒトラーの話はシベ超刑事の中では一番好きです。
突然「ハイル・ヒトラー!」と叫びだす直前の柴田の動きがさりげなくストレンジラブ博士だったりするあたりが地味に笑えますし。
その後の「ハイル・ヒトラー!」と狂ったように叫び続ける柴田と、「柴田さんがおかしくなっちゃったー」とウソ泣きをする泪でも笑わせてもらいました。笑
2005-08-05 金 10:09:31 | URL | 杏仁豆腐 #kLZMaYrw [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

本日深夜2時29分より、関東地方では、日テレ系で、かの名高き、『シベリア超特急』が放送されます。な、なんと言うことでしょう。実はここの管理人はその壮絶な評判を聞いて、いつかは見たいと思っていたのです。レンタルショップには置いてない
【2005-08-02 Tue 15:41:08】 | 所有者はある中華デザート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。