プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
誰が詰めたか毒入りジャム
◇◆◇◆◇ケータイ刑事銭形泪レビュー◇◆◇◆◇

2nd第21話『殺しを語る肖像画~軽井沢夫人殺人事件』

(ネタバレ注意)
21話の舞台は軽井沢…一瞬「マンハッタン・ラブストーリー」に作中作として出てきた軽井沢夫人のドラマのパロディでもやるのかと思いきやまったく違う話でしたか(^^;
しかし『ロケ地:軽井沢』とテロップが出ても(これ本当に軽井沢かなぁ…)って思ってしまうのはやはりケータイ刑事クオリティなんでしょうか(爆)
ヘリもおもいっきしラジコンだし…

事件はアリバイトリックネタですが
『肖像画を描くのに立候補
『なぜか襲われたいつもの画家』
『なぜか絵が仕上がるまで公開されず,後ろ向きにさせられた』
あたりでミステリ好きな方は判りましたよね?

単純だけど面白いトリックだったと思います
そこで「墨俣の一夜城」を伏線にする為に高村が「秀吉の野望」をプレイしていたってマクラを設定してる辺りよく考えてますね

…しっかし徳井優さんはやっぱりキャラ濃いなぁ(いい意味で)
スポンサーサイト


ケータイ刑事 | 【2005-07-22(Fri) 22:27:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。