プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
1位は最高
ども,Masterです

さて今日も研修…今日はトレーディングゲームに挑戦
(結構その手では広く有名なプログラムらしいんでこれぐらいなら書いても大丈夫でしょ^^;)

まぁトレーディングゲームといっても別に
・「融合」でモンスター2体生贄に捧げて強力モンスターを特殊召喚! でも
・アーティファクトランド無いとやっぱ親和デッキも遅くなるなぁ でも
・ボルバルザークは強すぎるから殿堂入りでしょ でもありません,念のため(爆)
(一部の人にしかわからないボケですいません f(^^;)

話を元に戻して,トレーディングゲームってのは各国を模したチームに分かれて一定時間後に最もお金持ちになったチームが優勝,というビジネスや経済観念を学習するためのプログラムです.
各チームにはその国の特色を活かした編成,および初期資産が与えられます

例えば
・中国やインドは人口が多いのでチームの人数も多い
・フィリピンやラオスなど資源の潤沢な国チームは資源アイテム(紙,後述参照)が多く逆に資源のない国チームは資源が支給されない
・日本やアメリカのように技術が進んだ国は技術アイテム(道具類)が多く,いわゆる発展途上国と呼ばれる国チームは技術アイテムもまともなものがなかったり支給されない
(バトル・ロワイアルでいう武器の支給みたいなもんだと思ってください…殺して奪い取っちゃダメですが)
・日本のように経済大国は最初からお金を多く持っている などなど

この与えられた資源(紙)と技術アイテム(鉛筆,定規,鋏,カッターなど)を使って,他国と交渉して必要な物資を補ったりしながら,製品(何種類かある指定された形に刃物で切り抜いた紙)を作ります.
そしてそれを銀行役に持ってって査定してもらい,需要と供給や「製品」の出来に応じて買い取ってもらい(現金でもらうor貯金する)お金を儲けるというゲームです

他にも国連役という司会者によって
「需要と供給のバランスが変わったため各種製品の価格変動」
「ODA(政府開発援助)による途上国チームへの物資援助」
「金融恐慌!銀行に預けているお金は40%マイナス!」
「国際的な言語改定!日本語を使うと罰金(英語オンリー)!」
なんて各種イベントがあったり、
実は一部チームにだけ裏アイテムに関する隠しルールが発表されていて,その情報を手に入れて裏アイテムを入手しその通りに行動すると大逆転チャンスが!なんてのもあったりします

私が参加したチームは昨日の研修で一緒だったメンバーも多く,しかも交渉が得意とか工作が得意とかが満遍なく揃って役割分担も自然に出来たりとかしたおかげで38万点(結構いい数字らしい)売り上げて優勝しちゃいました(笑)

さて,私は
アメリカ,日本,イギリス,中国,フィリピン,インド,ラオス,ブラジル
の8カ国のうちどこの国のチームだったでしょう?

(ヒント1)私はミステリファンですから…
(ヒント2)資源アイテム,技術アイテム,最初の所持金が一番バランス良く揃ってるチームです
…の割には一般論的には勝率あんま高くないらしいですが(^^;
スポンサーサイト


社会人日記 | 【2005-04-06(Wed) 20:55:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。