プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
芸術鑑賞会
ども,Masterです.
今日は見たい映画があるので映画館へ…というわけでプチ・レビュー
(ネタばれしている場合もあるので注意です)

【オペラ座の怪人】
面白かった,という話を聞いて見に行ったんですが本当に良かったです
ミュージカル調で突然歌い出したりするんでそれが苦手な人だとちょっと辛いかもしれませんが元々ミュージカルとして確立されているだけあってストーリーもしっかりしているし,1つの曲の中に複数の心理描写が描かれていて(例えば屋上のシーンでクリスティーヌ+シャニイ子爵のデュエットの中にそれを見て嫉妬に燃えるファントムのフレーズが入り込んでくる)面白い構成になっています

しかしこうしてみるとファントムも幼少時から顔の傷の為人から愛されることもなく,それでも少女クリスティーヌを愛し,歌という能力まで与えたにもかかわらず最終的に少女が愛したのは別の人物だった…
ファントムも寂しかったんだろうなぁと思うと同情を禁じえません
でもジョセフ・ビュケが首を吊られたのは判ったけど「オペラ座の怪人」ってあと2人死ななかったっけ?
****************************************
でもって戸田奈津子女史による字幕版で見たんですがなるほどなぁと思った翻訳が1つ
歌詞中にpossessed by musicというフレーズが,possessって(霊的なもの等が)とりつく・憑依するという意味なんで直訳すると「音楽にとりつかれて」なんですが戸田氏訳では「(私は)音楽の虜」
…なるほどその方が綺麗でいいね

【あずみ2 Death or Love】
前作の続きから,あずみが真田昌幸を討つまでを描いたストーリー,なのですが撮られた監督さんが違うだけあって雰囲気がちょっと違います
北村監督が撮られた「1」は200人斬りなどある種冒険活劇的側面が強かったのですが(個人的にはオダギリジョーの怪演を推したいところ),「2」ではより人間ドラマにスポットを当てていて「『使命』の意義」を中心にストーリーが展開します
…の割りに敵キャラの倒し方が「1」より漫画チックなんですが(苦笑)

今回のゲストは
ゴーゴー夕張ことこずえ役の栗山千明嬢(また難しい役どころだな…ストーリーネタばれになるんで内緒)に甲賀忍者・空如役に高島礼子姐さんなどなど
でも姐さん,あの台詞は映画間違ってませんか?(すごく極妻っぽいんですが^^;)

そして宣伝番組の関係で安住紳一郎TBSアナウンサーも出てきます…さすがにアレだったのか台詞一部カットされてましたが(苦笑)
******************************************************
ちょっと気になったのが1点…
六波が持ってたアレ…ダイナマイトですよね?
江戸時代初頭にノーベルは生まれてないと思うのですが(--;
火薬はあるから導火線のついた爆弾系の武器はあるかもしれないけど



追記:
今日は映画館がやけに子供達でいっぱい…
あれ,今年ドラ映画はお休みのはずだしコナンは4月9日公開だからまだだし…何だ?と思ったら

デュエルマスターズだったのか(--;
…きっと映画がらみで限定カードとかあるんでしょう

そういやポケモン映画の割引券も置かれてたけど次はミュウとルカリオ,ってまた新ポケモン出るんですか
イヌ科の獣っぽい見た目だったからリカオンか何かがモデルなんでしょうが
スポンサーサイト
映画 | 【2005-03-12(Sat) 23:29:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。