プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
トーキング・テクニック
ども,Masterです.

◇◆◇◆◇本日の研究室◇◆◇◆◇
今日は学部4年生の後輩の卒論審査会
我々先輩一同も出張って見学です(笑)

研究室に入ってきた頃にちょっと面倒見てた後輩の発表見て,「あ,この資料俺が探してきて渡したヤツだ」とニヤッとしてみたりしてた訳なんですが…後輩の発表見てると諮問の受け答えもうちょっとどないかならんかなぁと気になってしまいます
(もっとも教官陣から見たら我々の受け答えももうちょいどないかならんかなぁだと思いますケド)

例えば…
問:「発表の中で○○という研究機関によると××という現象が起きるという話がありましたがそれはどういう原因で起こるのでしょうか?」
答:「それは…が原因らしいです」

惜しいけど×(^^;
正解例は「…が原因であると報告しています or であることが知られています
(論文発表は一般的に口語表現(喋り言葉)は使いません)

別の後輩は
問:「この実験結果について○○が××である可能性があると思うのですがその点はどう考えていますか?」
答:「…(1,2秒考える恰好)判りません」

おいっ!Σ( ̄□ ̄;と私も含めズッコケる先輩一同
いや判らないから答えられないってのはしょうがないからいいんだケド…
正解例は「(すみません,)その点につきましては今回検討して(or解明されて)おりませんので今後の課題といたします」

そういうオチはいらないからさぁ…
スポンサーサイト


研究室日誌 | 【2005-03-02(Wed) 23:03:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。