プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
巧い張り込みって?
◇◆◇◆◇ 『ケータイ刑事 銭形泪』レビュー ◇◆◇◆◇

(ネタばれ注意)
第3話は泪と五代の張り込み大作戦
まぁ,あんなバレバレで堂々とした張り込み方があるかよってのはおいといて今回はストーリー的に簡単だったかな?

婆さん(何で若い男性俳優の方の仮装なんですか(爆))が因業で金の亡者って設定と床下収納から婆さんは(生きてるか死んでるかはともかく)強盗犯を床下収納の中に隠してるってのは予想できる範囲だし,
それに気づけば泪と五代が強盗犯を追っている間に『空き缶を回収に出した』→死体を捨てに行ったはすぐ導けるでしょうし

ただダイイング・メッセージが五代が呼び間違えてた婆さんの名前を指していたとは(爆)
今回ややバカミス調路線だったから被害者は自分の血がついた,半円形に切り分けられた婆さんのぬか漬けをつかんで死んで,婆さんがそのぬか漬けを取った跡?と踏んでたんですが(←分かりにくいって(^^;)
スポンサーサイト


ケータイ刑事 | 【2005-03-01(Tue) 02:23:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。