プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
高森少年のキッドナップ
◇◆◇◆◇ 『富豪刑事』レビュー ◇◆◇◆◇

(ネタばれ注意)

『富豪刑事のキッドナップ』

いや,なぜに「誘拐」じゃなくて英語のkidnapなんでしょうか(苦笑)
第4話は誘拐事件,誘拐事件といえば身代金
おぉ,主人公が富豪って設定がこんなところで!と思いきや今回はあまりお金を使わなかったようで(^^;
そしてなまじ第3話が700億以上の大金を使った捜査だっただけにどうにも地味感が払拭されなくてアレなんですが…まぁいいか

ところで身代金を用立てる時「警察が用意すると模倣事件の温床になるからダメ」ってのは納得できるんですが,篭脱け融資って必要だったの?
結局神戸巡査(深田恭子)が(名目上とはいえ)銀行の頭取紹介する形を取るんだったら本当に第3話に出てきたあの頭取に連絡して「この夫婦を紹介するからそっち行ったらウチの財産から1億渡してやってくれ」で済むんじゃないかと
どうせ対外的にはどっちも「神戸巡査が頭取紹介した」で同じなんだし

それはともかく誘拐事件はやっぱり狂言でしたか
どうもこういう番組多く見てると「ホントは狂言なんじゃないの?」と穿った見方をしてしまっていけません

しかし最後の方で「婦警コンビが誘拐されたはずの少年を見かけ,追いかけていくと閉じ込められた少年を発見」
…どういうネタかとやきもきしました(笑)
見間違えならまだしも妄想とかドッペルゲンガーとか言い出したらただじゃおかねぇぞと思っていたら「実は秘密の抜け道が…」
まぁ密室トリックの事件じゃないからいいけど(^^;

そして明かされる「共犯者を殺したのは少年」,
さらにそれを畳み掛ける喜久右衛門の「殺害は少年の意志では?」説
トドメは意味深に挿入される「哂う少年の口元」…うわぁ後味悪ぅ~(褒め言葉)

TRICKだと千里眼とか御告者とかモド~レモド~レ(魯人老人ホーム)とかで使われてる『事件は解決したけど居心地の悪さが残る』テイストが使われてて個人的には高評価です
さすが蒔田さんが(略)

〔富豪刑事の通算捜査費用〕 \806億1523万9088
スポンサーサイト


富豪刑事シリーズ | 【2005-02-18(Fri) 00:00:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。