プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
『愛』の裏返し
ども,Masterです.

◇◆◇◆◇今週のケータイ刑事銭形舞(感想)◇◆◇◆◇
※ネタばれなので未見の方はご注意を

今週は多摩川ドイル君の誘拐事件
彼は銭形愛にも登場するキャラ(だから五代刑事がドイル君のことを知っている)なんですが演じてる子役の子が変わってるんですごい違和感が…
しかも愛エピローグでは『(愛となら)付き合ってもいい』というポジションだったのが『恋愛=非合理的=不要』の超合理主義者に戻ってる…
引き継ぐんかオールリセットするんかはっきりしてください(爆)

しかし今回,誘拐される→偶然の暗号→確保,というこのパターンは
愛の第18話でやっていて今回はそれを立場を逆転させて描いてます

愛…愛が誘拐され「意図的に正しい」メッセージを残す.
  五代&柴田が捜査に当たるが,五代はメッセージをとんでもなく曲解する.
  なのに偶然の連続により愛の元に辿り着き救出完了

舞…五代&ドイルが誘拐されドイルが「意図的に正しい」メッセージを残そうとするものの天然の五代が悉く破壊する.
  舞&柴田が捜査を担当,舞は偶然の産物による痕跡を「五代からのメッセージ」と曲解する.
  なのに偶然の連続により五代の元に辿り着き救出完了

単なるネタの使い回しはいただけないケドこういうシンメトリックな対比構造なら大歓迎です
スポンサーサイト


ケータイ刑事 | 【2005-01-12(Wed) 04:18:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。