プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
新技術ってスゴイ!
ども,Masterです

◇◆◇◆◇Masterの気になるニュース◇◆◇◆◇
ttp://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20040819-00000019-spn-ent(直リンク問題のため意図的に頭のhを略しています)

今は亡き歌手の美空ひばり女史が新作映画に出演されるそうです
…というと過去(生前)の映像を使うのかなと思いますが最新CG技術で新たに映像を作成するんだそうです
しかし驚くべきはそこではなく,なんと劇中でひばりさんが歌う歌を書き下ろしで作るんだとか

どうやってレコーディングするのかというと声紋鑑定・音響学の権威にして日本音響研究所所長として知られる理学博士の鈴木松美氏(未解決事件の番組で轢き逃げ車両の走行音や脅迫電話の声なんかの分析でよくお見かけする眼鏡のおじさん,と言えば分かりますかね.確か吉展ちゃん事件の脅迫電話の分析もこの方がされていたように思います)の全面協力を受け,ひばりさんの写真から骨格を分析,声紋を割り出してその声を再現,果てはビブラートまでつけられるのだとか

確かに日本音響研究所では写真や歴史上の人物・アニメキャラクターなどの似顔絵からその声を再現する技術を確立されてる(数年前にバラエティー番組で見た覚えがあります)んで出来なくはない話なんでしょうがまるでSFの世界ですね

渡辺浩弐氏の小説,「アンドロメディア」ではアイドルの身体的データおよび記憶データをコンピュータで取り込んで自我を持ったヴァーチャルな人間(アイドル)を構築し本人がいなくてもネット回線を通じてテレビ出演させる…という技術が出てきます
流石に自我を持って思考するってのは無理ですが今回の技術はそれに準ずるものがあります

ただ逆に言えば将来的に写真データさえあれば(仮にその人物が音痴でも)上手く(この場合機械的に見て音程が合っている,すなわちカラオケの採点機で100点を出せるようなというニュアンス)歌って踊る映像が簡単に作り出せる,なんてことになるかもしれません
そんな時代が来たら本当に文字通り可愛い(若しくはカッコイイ)ならそれだけでアイドルとしてデビューできるなんてことになるんですかね
…それはそれで味気ない気もしますが
スポンサーサイト


時事ニュース | 【2004-08-19(Thu) 04:34:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。