プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
たわいもない話
ども,Masterです.

今日大学へ行こうと家を出たら近所のスーパー前で金髪の外国人のカップルの方が明るい最中に抱き合って接吻されてまして…
いやはや文化の違いがあるとはいえ家の近所も様変わりしたんでしょうか(笑)

なんでこれを機に珍しく私に似合わない恋愛ネタで1日分日記ぶち挙げてみようかなぁと思ってみたり
…とはいっても私は恋愛経験全然ないんですけどね(^^;

数年前,高校時代の同級生から恋愛相談持ちかけられて(なんで私に聞くかなぁ…)と対応に苦慮した挙句なんとかそれっぽく捻り出した回答に「小学生みたい」とか「聞いたのが間違いだった」とツッコまれて(同級生だったんだから俺に浮いた話が1回も無かったことぐらい知ってるだろ)と思ったこともありました(苦笑)
なのでくれぐれも私に恋愛相談を持ちかけたり,恋人と別れたっつってコメントを求めたりするのはご遠慮ください(爆)

たまに自分のことを「結婚している自分が想像出来ない」って仰られる方もいらっしゃいますが私の場合「『私に関して恋愛感情をもって下さるような女性が実在する』ってのが想像出来ない」タイプですからね…(それだけ自分に自信が無いとも言う)
まぁ世の中には「蓼食う虫も好き好き」とか「痘痕も笑窪」なんていう言葉もあるにはありますが,大体こんな男を好きになるような数寄者の女性がいるわけが(以下内容が後ろ向き過ぎるので検閲削除)

…などと言っていても世間一般から見れば私も民法上は結婚できる年齢ですし数年後には結婚してても何の違和感も驚きも持たれないような年齢になってしまう訳で,久しぶりに昔の知り合いなんかと話したりするとどうしてもそういう話題になってしまいます.

高校の後輩とメールしたり会ったりすると
後輩:「まだ彼女できないんですか?」
私 :「…五月蝿い」
なんてやり取りが大抵繰り返されますし,同期の連中からも「彼女の1人ぐらい作れよ」とツッコミが入ります(^^;

流石にうちの親から「アンタと同学年の中で彼女いないのアンタだけだと思ってたわ」と言われた時は
(高校時代の)サークルの先輩ができちゃった結婚したときに連絡してきて散々学生結婚の是非や(先輩の)親としての責任感の如何について、果ては大学生で恋愛するなんて早すぎるだの必要以上に異性と喋るなだのと関係ない私に延々説教したアンタが言うなと本気で思いましたが(--メ

今の私の肩書きは大学生なんだから早く彼女を作れとでも言いたいのでしょうかね…それにしてもカップラーメン作るんじゃないんだからそんな都合のいい展開があるかっちうトコロですが
(あ、別に私に彼女がいないのはその下らない説教を忠実に守ったからじゃないですよ、念のため)

…なんか後先考えず書き散らしてみましたが予想通り愚痴っぽくなってしまいましたね(苦笑&反省)

最後に,先月の賛助出演の時に同期と話した時の1コマ
同期:「彼女の1人ぐらい作れよ」
私 :「だってうちの学部男ばっかだからサークル関係の娘ぐらいしか女の子の知り合いいないし,その娘たちも彼氏いるし…」
同期:「じゃあそいつらから奪っちゃえばいいじゃねぇか」

…そんな主婦層受けしそうなドロドロの昼ドラ的展開の恋愛は要りません(←事なかれ主義者)
スポンサーサイト


恋愛 | 【2004-09-02(Thu) 09:51:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。