プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
Exotic court of despair
TGS2015、初日に行ってきましたー
例によって逆転裁判6の特別法廷をこっそりレビュー(勿論録画録音NGなので若干抜けたり場面が前後してるかもしれませんが・・・)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
冒頭から逆裁6裁判長の台詞
『成歩堂龍一、あなたは不要な人間です。 この法廷には必要ありません』
逆裁2-1冒頭のような展開から場面はブラックアウト…

9月17日 地方裁判所第5法廷---
弁護席には成歩堂と希月心音弁護士、検事席には御剣の姿が。いつもの裁判長により法廷が開廷される
御剣、「検察側、準備完了している」 (よく見ると、胸ポケットにはちゃんと逆裁5の黒縁眼鏡が)
一方、成歩堂は目にすごいクマを浮かべて眠っており、裁判長に起こされ『そもさん!』と飛び起きる

「弁護側、準備できませんでした.....」
最近悪夢にうなされて眠れないと弁解する成歩堂。
「法廷全部が敵になる(夢)」という説明に「いつものことじゃないですか」と返す心音。
そんなレベルじゃないと応える成歩堂を御剣が挑発する
「ここは東京ゲームショウの場で、手を抜く気はない。たとえ相手が時差ボケの旅行者のような男でもな!」

成歩堂が起きたところで審議が開始。
事件は昨夜カプコンで発生。逆転裁判6の企画メモが盗まれた窃盗事件
犯人と開発者が揉み合いとなり、メモが半分にちぎれてしまったとのこと。
開発者の手元に残ったメモが証拠品として提出される

**********************************************************************************
証拠品:ちぎれたメモ(左半分)
詳細  :『2つ・・・ に分かれる・・・ 主人公・・・ (成歩堂の似顔絵)・・・ バイにしよう。 別人になる・・・』
      (・・・部分はちぎれている)
**********************************************************************************

御剣は証人を召喚する。その証人はなんと心音ちゃん。驚く成歩堂。

証言開始:
私、カプコン本社から逃げていくメモドロボウを見たんです。
遠目だったからよく見えなかったけど・・・青いスーツを着て手に包帯を巻いていました。
(ちゃんとモニ太の顔も泣き顔 (><) に…芸が細かい 笑)

また、カプコン社員から「犯人は弁護士を名乗っていた」との証言があった旨報告があり、一気に成歩堂に疑いの目が
裁判長「成歩堂くん、あなた・・・」
自分ではないと否定する成歩堂に御剣が追い討ちをかける。
「ふざけた青いスーツを着た弁護士が他にいるか!」

自分にそんな記憶はないと主張する成歩堂に今度は心音が「その理由も説明できるんです!」
メモを見ると、『2つに分かれる主人公、バイにしよう、…成歩堂は多重人格でもう1人の人格が犯行を行ったのだ!
と大真面目に主張する心音と御剣。
いくらなんでもその設定はない!と反論する成歩堂に「逆転裁判の新作だ、何があってもおかしくはない!」と畳みかける。

では動機は?との裁判長の問いに、御剣はカプコン社員が拾ったという黒の手帳に書かれた日記を提示する。

『後輩のアイツがえらそうに。赤いスーツを見るとイライラする。
 アイツのせいでまた髪の毛が抜けてしまった・・・』

ここから御剣と成歩堂の丁々発止。
御剣  「後輩に主人公の座を取られると思って企画メモを確認せずにはいられなかったのだろう。
      上司と部下の関係は複雑なようだ」
成歩堂 「うちは笑顔の絶えない良い職場です!!」
御剣  「逆転裁判5で貴様が部下にした仕打ちを思い出してみろ!」(インサート画像に会場爆笑)
心音  「逆転裁判6では成歩堂さんも包帯を巻いてしまうんですか!マントを翻したりしてしまうんですか!!」
裁判長 「メモドロボウで髪が抜けている主人公・・・売れる要素が1つもありませんぞ!」

あまりのアウェーっぷりに「あの悪夢のようだ」と頭を抱える成歩堂、
そこにどこからともなく「そいつは主人公じゃない」と叫ぶ声が・・・

「誰?」となる法廷内…現れたのはなんと逆転裁判5第3話のキャラ、静矢零!
(グラは逆裁5と同じ、私立テミス法律学園弁護士コースの青い学ラン姿で左手には・・・)
成歩堂が主人公でない証拠としてメモを提示する

**********************************************************************************
証拠品:ちぎれたメモ(右半分)
詳細  :『・・・の国 ・・・舞台 ・・・はいつものアイツ ・・・ ・・・キーワードはレイ ・・・チカラ』
      (・・・部分はちぎれている)
**********************************************************************************

静矢  「キーワードは『レイ』と書かれている。主人公はぼくだ!」
御剣  「メモドロボウはお前か…」
静矢  「あ・・・」
心音  「あなたは弁護士『見習い』でしょう!」
静矢  「どうしても逆転裁判6に出たくて、メモが気になって仕方なかったんだ!」
裁判長 「見習いに主人公をまかせる訳にはいきません(キッパリ)」

この時あることに気づく御剣
「キーワードは『レイ』…もしや『レイ』侍の・・・」(場内笑)

ここで『異議あり!』
成歩堂 「謎は全て解けました。この2つのメモを繋ぎ合わせると・・・」

*********************************************************************************
2つの国 に分かれる舞台 主人公はいつものアイツ (成歩堂の似顔絵) 
キーワードはレイバイにしよう 別人になるチカラ
*********************************************************************************

成歩堂 「2つに分かれるのは舞台、2つの国にまたがる物語ということ。
      キーワードは『レイバイ』・・・つまり逆転裁判6では『霊媒』がキーワード
      別人になるチカラとはある霊媒術の事を指しています!」
裁判長 「別人のように・・・あぁ!!」
成歩堂 「つまり(静矢)『レイ』でも『レイ』侍もまったく関係なかったのです!」
御剣  「聞こえていたのかー!(ブレイクモーション)」

ここから成歩堂以外のキャラの台詞に別の声がオーバーラップし始める
裁判長の声に逆裁6裁判長、御剣の声に亜内文武、そして心音の声には・・・

謎の少女の声が、成歩堂が悪夢と思っていた方が現実だと告げ、成歩堂を起こす
『セッパ!』と叫んで成歩堂が目覚めると、そこはクライン王国大法廷。

レイファ「わらわの法廷で居眠りとは良い度胸だな」
亜内弟 「時差ボケですかな?弁護士が居眠りをしていたと手帳に書いておきましょう」

その手帳は夢の中で御剣が取り出した『あの』手帳・・・ここで日記を読み上げるシーンの回想
成歩堂 (あれは御剣に日本を追い出された亜内検事のものだったのか・・・
      クライン王国の特殊な法廷に夢を見ていたようだ)

逆裁6裁判長 「クライン王国の法廷には弁護士は必要ないのです」
成歩堂 「何度でも言います。弁護士が必要であることを僕が証明してみせます。製品版で!!」
(了)

“Exotic court of despair”の続きを読む>>
スポンサーサイト
逆転裁判 | 【2015-09-21(Mon) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。