プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
運命の分岐点(ターニング・ポイント)
『スパイラル~推理の絆~』シリーズの書評もいよいよ最終回です。

小説 スパイラル~推理の絆~4 終わりの幸福・幸福の終わり
収録作:「近況報告」「くだんを殺せ」「終わりの幸福・幸福の終わり」

外伝 名探偵 鳴海清隆~小日向くるみの挑戦~ 近況報告
ある日捜査一課にかかってきた1本の電話,それは清隆に捜査協力を求めるものだった.
バラバラ死体から見つかったメモに書かれた電話番号と『キヨタカ』の文字…被害者はいつ,どのような状況でメモを飲み込んだのか?
最後に導き出された真実…それは常人の思考を超えるものだった.


シリーズ完結編となる第4弾は従来と構成が異なり,全編が清隆・まどか・くるみによる外伝的お話になります.
まず最初は胴体だけで見つかった全裸死体から発見されたメモに関するミステリーで,明確な『読者への挑戦』こそないものの,
城平氏らしい「何故」に重点をおいたホワイダニットに仕上がっています.
個人的にはこの真相は実際に提示された条件から導き出される解ではあるものの,ちょっと現実離れしすぎな気もしますが…

外伝 名探偵 鳴海清隆~小日向くるみの挑戦~ くだんを殺せ
古来より災厄をもたらすといわれてきた妖怪,件(くだん).果たして女はその災厄ゆえに夫を殺したのか.
『現代の心の闇が生み出した狂気による殺人』に終止符を打つべく,少年は証言を始めた.
少年の見据えている事件の真相は―


鳴海清隆ではなく当時小学生であるその弟,鳴海歩が事件の謎を解くお話です.
この作品も『読者への挑戦』はなく,謎解きミステリというよりどちらかと言えばミステリ読み物的テイストの強い作品ですが意外な結末が待っています.

外伝 名探偵 鳴海清隆~小日向くるみの挑戦~ 終わりの幸福・幸福の終わり
清隆とくるみの推理対決も遂に佳境.最後の謎は競馬と折り紙による鉄壁のアリバイ.
事態を大団円へと導くべく鳴海清隆が出した1枚の切り札―それは弟の歩をくるみのサポートに投入するというものだった.
歩・くるみは鉄壁のアリバイを崩し犯人を見つけ出すことが出来るのか?
そして最後で明らかになる驚愕の事実とは!


第4弾のタイトル作は外伝・鳴海清隆シリーズの完結編となる作品です.
最後の事件は3人の容疑者が持つ共通のアリバイを崩し,その中から犯人を指摘するハウ・アンド・フーダニット.
また最終作だけに各キャラクターも自らの持てる能力を如何なく発揮してストーリーを盛り上げています.
ただ個人的にはこの第4弾,全作品を通じて影のテーマとして「人間の持つ狂気」が描かれているので連続して読むには雰囲気的にちょっとばかし重いかな,という気もします(^^;
その分事件解決後のエピローグで「何だよそれっ!」ってつっこみたくなるような衝撃の大オチが
待っているんですが(爆)


スポンサーサイト
書評 | 【2007-06-16(Sat) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
凛とした月光
今回ご紹介するのは『スパイラル~推理の絆~』シリーズの第3巻です。

小説 スパイラル~推理の絆~3 エリアス・ザウエルの人喰いピアノ
収録作:「エリアス・ザウエルの人喰いピアノ」「青ひげは死んだ」「カニの香りの悪魔」「ハイスクール・デイズ」

エリアス・ザウエルの人喰いピアノ
伝統ある名家,柚森(ゆずもり)家に伝わる1台のピアノ.そのピアノには持ち主に仇なす呪いがあるといわれていた.
ピアノの呪縛に蝕まれつつあった柚森家の令嬢,史緒(ふみお)の前に降り立った救いの天使
―それは「天使の指先」と誉れ高きピアニスト,鳴海歩だった.

『そのとき、なにがおこったのか?』


第3弾のタイトル作は人を喰うといわれたベヒシュタイン製のある古いピアノに纏わる怪奇やロマン溢れる物語を主軸に,その裏に隠された「真実」を明らかにするホワイダニット(なぜやったのか)形式の中篇ミステリとなっています.
このシリーズ,元が少年漫画ということもあってか「主人公に恋心を抱くヒロインたち」と「鈍感でそれに気づかない主人公」というお約束の構図が時折見られるのですが今作ではそれが最も顕著に描かれてます(私個人としてはアリなんですが).
(ちなみに作中で結崎ひよのが挙げるエピソードは漫画第3巻,第14話『信じぬ者の選択』に収録)
私はネット上で指摘されてるの見て知ったんですが,エピローグでの史緒の台詞…
彼女はドコでそんなこと覚えたんでしょう?歩の場合は清隆に「これぐらい覚えとくのが男の務めだ」とか何とか言って教え
込まれてそうですが(^^;


“凛とした月光”の続きを読む>>
書評 | 【2007-06-11(Mon) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
継がれる誇り
今回ご紹介するのは『スパイラル~推理の絆~』シリーズの第2巻です。

小説 スパイラル~推理の絆~2 鋼鉄番長の密室
収録作:「鋼鉄番長の密室」「殺人ロボの恐怖」

鋼鉄番長の密室
かつて日本全土を巻き込む破滅的な決戦が起ころうとする中で男が死んだ.男の名は鋼鉄番長,荒木三郎太.
それから45年後,伝説となった彼の死の謎を暴こうとする少女がいた.彼女の名は牧野千景.
今,千景のために1人の少年がその謎に立ち向かう.彼の名は鳴海歩.

密室で起きた番長の死の謎に歩が出した答えとは….そして今,すべての真実が明らかになる.


タイトル作は前作同様歩・ひよのコンビが登場,今から45年前,「熱き番長の時代」だった頃の日本を舞台とした壮大な(空想)歴史ミステリに挑戦します.
「鋼鉄番長の密室」というインパクト溢れるタイトルから作者が作り上げたストーリーは細部まできっちり設定がなされていて空想歴史部分だけでも巧みに伏線を内包しつつ読み応えのある1つの熱血物語として仕上がっています.
オチへ向かうストーリー展開は多少好みが分かれるかもしれませんがこういうパターンを許容できる人ならきっと気に入ることでしょう.

“継がれる誇り”の続きを読む>>
書評 | 【2007-06-01(Fri) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
1対1の対決
書評シリーズ,続いては城平京氏の作品から『スパイラル~推理の絆~』シリーズを紹介します。

このシリーズは月刊少年ガンガンに連載されていた漫画「スパイラル~推理の絆~」のノベルス版として書かれた作品(全4巻)です.
ストーリーは(謎解きに関しては)漫画を知らない方でも楽しめるように書かれています.
(ちなみにガンガンNET上の
スパイラル
のページで公開されており,無料で(ただし,各タイトル作については第1章のみ)読むことが出来ます.)


小説 スパイラル~推理の絆~ ソードマスターの犯罪
収録作:「ソードマスターの犯罪」「怪奇クラゲ二重奏」「ワンダフル・ハート」

ソードマスターの犯罪
『お願い、キリコに法の裁きを下してやって!』
月臣(つきおみ)学園に通う高校生,鳴海歩は同級生の桜崎緋芽子から千原道場の継承に関わる殺人事件の解明を依頼される.
被害者は彼女の兄,そして容疑者は『氷の剣鬼』の異名を取る現代最強の剣士、黒峰キリコ.
しかし懸命の推理にもかかわらず,ただ徒に時だけが過ぎていく….

解決をもたらすべく,歩は剣を取りキリコと対峙する.少年と剣鬼の対決の果てに待っている結末は…


タイトル作であるこの物語は漫画版の主人公である鳴海歩と情報通で知られる新聞部長、結崎(ゆいざき)ひよののコンビが事件に挑みます.
元々が少年漫画であることもあって登場人物が常人離れした能力を持っていたり舞台設定のスケールが謎に大きかったりしますがそれらを許容できる人ならライトノベル感覚で楽しめると思います.
ただ,欲を言えば最大の手がかり,もう少しだけ美しく出して欲しかったなぁ…

“1対1の対決”の続きを読む>>
書評 | 【2007-05-30(Wed) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
髄を病む毒の呪い
書評シリーズ第2弾からは城平京 先生の作品を紹介します。

(以前私のHPに掲載していた原稿を一部改稿してお送りします。)

名探偵に薔薇を(A Rose For the Detective)
この小説は城平京氏の長編ミステリの第1弾であり,鮎川哲也賞の最終候補となった作品を改稿したものです.
物語は2部構成で,第1部は「メルヘン小人地獄」,第2部は「毒杯パズル」となっています.

第1部 メルヘン小人地獄
多数の新聞社や雑誌社に送りつけられた謎の創作童話「メルヘン小人地獄」,その物語に準えて残酷な手法で殺されていく被害者たち…
彼らには現代科学ではその成分も作用機序すらも判らない忌まわしき猛毒,「小人地獄」にまつわる浅からぬ因縁があった…
そして否応なしに事件に巻き込まれようとする麗しき美少女,藤田鈴花.今,彼女を守るべく名探偵が呼ばれた.


第1部では作中に登場する創作童話,「メルヘン小人地獄」に対する見立て殺人事件が描かれます.
使われているアイディアはミステリ的には基本に忠実な,言われると「あぁそうか」と納得できるものが多いですが,肝心なところで1つ「捻り」が加えてあるのでなかなか難しいと思います.
ただ,第1部では事件自体が連続猟奇殺人であることに加え,舞台背景においても残酷な描写が大めに描かれているのでそれらが苦手な人はご注意ください.

第2部 毒杯パズル
世間を賑わせた「小人地獄」事件から2年後,事件の舞台となった藤田家で再び殺人が起こる.
しかし,それは完全犯罪をも可能にする稀代の猛毒,「小人地獄」を最も愚かしい方法で用いたものだった.
少女の願いにより再び現れた名探偵が混迷する推理の果てに直面する衝撃の真相とは…


さて,第2部です.こちらが鮎川賞に応募された作品であり,城平氏の特色の強いミステリとなっています.
城平氏のミステリはどこかに現実離れした設定がなされていますが,その「現実離れした設定」を上手く用いることで魅力的なストーリーを作り出しています.

第2部は不可思議な殺人事件の犯人と,その不可思議な殺害方法の理由に迫るホワイダニット形式です.
その中に名探偵自身が経験した過去の事件とそれにより負った心の傷に関するエピソード,そして城平氏のミステリで見られるモチーフである「信じる」ということが織り込まれていてストーリーに深みが出されています.
すべての真実が白日の下になったとき,果たして名探偵は何を思うのでしょうか…。

創元推理文庫より発売中です.

書評 | 【2007-05-27(Sun) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。