プロフィール

Master / 碧崎 翔

  • Author:Master / 碧崎 翔
  • 性別:♂
    職業:会社員
    趣味:読書(主にミステリ)
       音楽(聞く&演奏)
       インターネット
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
Absolute soothsaying!?
◇◆◇◆◇ 富豪刑事デラックスレビュー ◇◆◇◆◇

#4『占星術の富豪刑事』

タロット重田てその時点でおもいっきりTRICKだろ(苦笑)
今回のネタはプロバビリティの殺人
冒頭の数々のトラップ,そもそもネタの多いドラマなんで危うく「ミイラ取りがミイラに」ってギャグなんだと思うトコだった(汗)
そして草を植えた女性が出てきて「なるほど,ある人にやらせた行動が本人も知らないうちに別の人に対する占いを成立させるってパターンね」と納得したんですよ。でも…

知ってて協力してたのかよ!!(汗)

…いやそうじゃなきゃ名乗り出させて社長&重田の計画を立証できないんだけどさ
まぁ立証したところでプロバビリティだから刑に問えるのか激しく疑問ってのは言いっこなしで

そして今回は早々に真相を当てる推理が出てくるという特殊な展開を経て占い師美和子登場
6桁の数字を予言するために1000000枚の万札(100億円!)を揃えて1枚抜き出したり(「みなさんのおかげでした」の宝くじ企画かよ!)
競馬で1億円掛けて当てるために39回もガチンコ撮影したり…
『どこまでも手間(と金)のかかることを』ってツッコミてぇっ!!

でも確かによもや占いを成立させるために採算度外視で湯水のように大金つぎ込んでるなんて思わないよなぁ
アイドルとうだつの上がらない幼馴染君は大儲けだし

しっかしBUSならぬBATHでの美和子殺害を狙って失敗した社長&重田
あんたらは東京新聞の回し者ですか(爆)

注…CMでお父さんと娘がバスの中で♪イン・ザ・バス(お風呂のこと)・ナイン・ナイン・ナイン~♪と歌っていると前の席の外国人に「バス(bus)じゃなくてバ・ス(bath)!」と注意されるというものがある。
もともと東京新聞の電話番号の覚え方が「おふろでキュッキュッキュッ」だったことに由来

スポンサーサイト
富豪刑事シリーズ | 【2006-05-12(Fri) 22:37:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Cruel Deceiver
ども,またまた更新サボりがちなMasterです(^^;

◇◆◇◆◇ 富豪刑事デラックスレビュー ◇◆◇◆◇

#3『偽装結婚の富豪刑事』

今回お笑い系の方が多くてどうも展開がコント的ですね(^^;
振り込め詐欺の啓発ポスターが「どんどん(どん)」繋がりで安田大サーカスのHIROさんだし,遺体で発見されたのは深夜の帝王ことイジリーさん。
でもって下っ端役が長井秀和さん…って前シリーズ最終回でも出てきて「間違いない」って台詞盗られてたよなぁ
今回は英語で"No doubt!"てわざわざ英語にする意味が(苦笑)

そしてストーリーでも喜久衛門が典型的振り込め詐欺に引っかかるし(でも手口だけはリアルにあるネタなんだよなぁ)美和子版振り込め詐欺は振り込め詐欺じゃなく結婚詐欺だし(爆)

ミステリとしては不自然に金子君が何度も出てたんで彼が黒幕ってのは判り易かったんじゃないでしょうか
『連行される長井秀和が金子君に反応しない=駅前で金子君は長井を見てない→金子君が詐欺の主犯だった』という理論展開は綺麗に決まりましたね
(伏線だったの気づかなかった…爆)
だから長井が「美和子が本物のお嬢様」なのを知らなかったのか

ただ電話の内容に関する論理展開がちょっと?
美和子は「2人目に言った台詞を3人目が知っていた→1人による演技」と言っていましたが…
入れ替わり立ち代りでかかってきたってことはグループだったとしても一緒にいたはず。しかも2人目は「臆病者!?…覚えておきますよ」と言った訳ですから3人目の人間が判っててもおかしくないでしょう

そこは金子君がスケボーに乗りながら喋ってていつもスケボーの音が聞こえてたって方が良かったんじゃ?(ずっとスケボー持ってたし)


ところで明日放送の第4話…貧乳奇術師とどんと来い物理学者に任せたほうがよさそうな気が(汗)

富豪刑事シリーズ | 【2006-05-11(Thu) 21:57:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
洋上のアリバイ
◇◆◇◆◇ 富豪刑事デラックスレビュー ◇◆◇◆◇

#2『豪華客船の富豪刑事・解決編』

前回から思ってたんだけど…今回の脚本いやに『TRICK』っぽいんですが
伊武雅刀さんのカードトリックとか花粉症の華道家とか
今回に至っては「ヅラー」だしあの「偽物」キノコだし江守さん演じる富豪もヅラだし(苦笑)
脚本蒔田さんだから似ててもおかしくないけどネタの流用なんじゃないかとつい疑ってしまう(爆)

そして毒殺トリック,本当に金平糖に毒が仕込まれてたんですねf(^^;
江守さんが金平糖を器に詰めた時点で「そうか,毒殺なら遠隔殺人でもいけるじゃん!」と富豪単独犯説を思いついた私…前回見たとき気づけよ
三女は使い込みはしてたけど一途な女性だったんですね…
(てっきり姉たちの口封じ&使い込みを隠そうと思ってるんだとばかり)

船で江守さん演じる富豪がたどり着いた場所…きっと志摩スペイン村とかいうオチなんだろうなぁ,とは思ってたんですが街並みごと作ったのかよ!
今回は捜査費用(設定額)がWEBで公開されてないのがつくづく残念

次回は詐欺事件…某局のドラマと設定被らないかちょっと心配

富豪刑事シリーズ | 【2006-05-01(Mon) 12:30:31】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
♪美しい人生よ~
◇◆◇◆◇ 富豪刑事デラックス レビュー ◇◆◇◆◇

#1『豪華客船の富豪刑事』

(ネタばれにつき白文字)
いやぁ,本当に第2弾やるとは思いませんでした(笑)
…てか富豪度アップは良いんですが怪しげなクロマキーと微妙にちゃっちぃCGはどうなんでしょうか
微妙なチープさが売りなのは判るんですが無理しすぎっていうか,この好きだった深夜番組がゴールデンに昇格したのを見た時のような感慨は(苦笑)

まぁ焼畑署の面々との関係がリセットされたとはいえ夏八木勲さん演じるお爺様の一連の台詞とかテンプレ通りなので安心してみていられます
(筒井康隆氏演じる瀬川がいないのが残念ですが)

第1話(初の前後編!!)は豪華客船を舞台にしたダイヤモンドをめぐるミステリー
まぁ富豪役が江守徹さんって時点で彼が犯人でなくて誰が犯人だと
(いや,前作で意外にもガッツさんが犯人だったことあるから油断できないけど)

ダイヤモンド盗難のトリックはおそらくエラリー・クイーンの作品にあるアレでしょう(金田一少年の事件簿でもそんなネタあったなぁ)
まぁこれがホントのキャットフィッシュ、なんちって(寒ッ)

問題はこれと家元の事件がどう繋がるか…
まず,ダイヤの狂言盗難の動機。
保険金詐欺説は伏線ないから消えるとして「本物を横流しするのを誤魔化すため」なのか「偽者をあたかも本物を持ってるかのように見せるため」なのか…
でも美和子のお爺様すら行方を知らなかったぐらいならやっぱりハナから偽物だったのかな?

でもって三女と布引(強面刑事)の会話とスケッチから見て三女と富豪(江守)は繋がってて,少なくとも三女視点ではダイヤが貰えるはずになってるっぽい。
あと家元が言ってた寄付金が使い込まれてるっぽいという話…

『富豪(江守)は詐欺師でダイヤを餌に三女を誑かし家元の資産を食い潰している。次女は三女の使い込みに気づいて三女に殺された。』って展開かな?
毒は…次女が口にした金平糖…かなぁ(←超自信なし)


富豪刑事シリーズ | 【2006-04-27(Thu) 23:47:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
MONEY MONEY MONEY!
◇◆◇◆◇『富豪刑事』レビュー◇◆◇◆◇

(ネタばれ注意)

『絶体絶命の富豪刑事』

いよいよ「富豪刑事」も最終回
結局最後まで冒頭のニュース映像は男性アナウンサーだけだったかぁ…女子アナも出てくるのかなぁと思ったのに
(第9話の大熊アナは『ぷっすま』の所為か些かバラエティチックに見えてしまってアレだったけど)

そして序盤で出てくる喜久衛門・美和子とエリート巡査部長な及川ミッチーの会食シーン
大体最終回で出てくるこういうポジションの人間は犯人側と相場が決まって…
ってテーブル三又に組んでるのかよ(^^;

今回の事件はバーに呼び出された喜久衛門に殺人の容疑がかかり…ってどこが『絶体絶命の富豪刑事』なんだと小一時間(略)
しかしバーの名前が『愛のメモリー』でそのマスターがシゲル松崎って最終回は『愛のメモリー』推しですか(^^;
今回のトリックは簡単,調度品が不自然に揺れてたし店自体が車か何かで動いたで間違いない
(地図を見る限り湾岸だったので船or浮島も可)

そして喜久衛門逃亡,美和子はミッチーに経過報告
『この胸のときめきを 貴女に』ってまた『愛のメモリー』だ(^^;
その後捜査する美和子の携帯に瀬崎から電話
おっ遂に黒幕が…と思いきや瀬崎龍平傳かよ!事件に関係ないのかよ!
喜久衛門@学生時代が微妙に人でなしで瀬崎が恨む理由が笑いにくいよ!
ところで最愛の人が××の元ネタはTRICK2ですね
確かあの時の女性の名前(役名)が美和子…はっ,そこまで考えたネタだった!?Σ( ̄□ ̄;
〔訂正〕美和子じゃなくて美佐子でしたね(爆)

喜久衛門の疑いは無事晴れますが今度は美和子がシゲル松崎に拉致られて…なるほどこれで『絶体絶命の富豪刑事』
そしてストーリーも佳境,対峙する喜久衛門VSやっぱり犯人側だったミッチー&シゲル松崎
喜久衛門は美和子の助命嘆願のためにトラックいっぱいの札束持って来るわ,瀬崎はしゃしゃり出てきたと思いきや喜久衛門に命を救われ,秘書の心も奪われ,挙句喜久衛門に「何方?」とまで言われる体たらく…
その上被害者にタレ込んだチンピラ長井秀和かよ!

そしてあわや喜久衛門がミッチーを殺そうとしたところにやってくる鎌倉一派
無事犯人逮捕で一件落着,と思いきや『詰めが甘い』…スナイパー・シゲル松崎が喜久衛門を狙ってるよ!
ここでミッチー&シゲル松崎で『愛のメモリー』共演(笑)
とことん推すね,今回

and美和子の対抗手段,「お金で命が守れる」と言い出したんでまさか札束の厚さで弾を止めるとか言うんじゃないだろうなと心配したら
『金をばら撒く→ザコ敵が拾い集める→ザコ敵が邪魔で撃てない!』
ア,アホだ…(苦笑)
ザコごと撃っちまえ,シゲル松崎(爆)

でもその作戦が功を奏し無事全員逮捕で一件落着…とそこに突風が吹いてトラックに詰まれてた現金が舞い散る!
東京タワー近辺に銀座,挙句にアメリカ・ヨーロッパまで福沢諭吉が降り注ぐ!!
本当にアホだ…(失笑)
CGもなんかチープだし…(まぁ実写でそんなんしたら警察に怒られるけど)

それ見て美和子は「雪だったらよかったのに」っつってるし喜久衛門は金が使えて至極御満悦だし松江さんは「掃除が面倒だ」とか言ってるしさぁ…(爆)

結局オチはやっぱり狐塚の「勝手に帰るなぁ~~っ!」でした
本当にネタでしかない最終回だったなぁ…

富豪刑事シリーズ | 【2005-03-18(Fri) 01:20:46】 | Trackback:(1) | Comments:(2)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。